SSL証明書|ジオトラスト | OnlineSSL.jp
SSL証明書|ジオトラスト | GeoTrust

Certificate Transparancyに関するお知らせ

OnLineSSL Top
プロダクト
Q&A
サポート
パートナー
ニュース
お問い合わせ
 
 
 
  SSL フォーラム
SSL Forum
SSLに関する情報交 換のコーナー
 
  ニュース お知らせ

Google Chromeにおける Certificate Transparencyに関するお知らせ

2016年5月23日 GeoTrust

2016年6月1日の時点で  ご利用のSSL証明書において Certificate Transparency(CT)が有効でない場合、Google Chromeにおいて警告の対象となる可能性があります。

概要
CTとは、認証局が発行した証明書の情報を公開ログサーバに監査ログとして登録することで、証明書発行の「透明性」を確保する仕組みであり、Google 社により提唱されました。
ジオトラスト社EV SSL証明書では、2014年12月よりCTに対応し、その他のSSL証明書については 2016年3月1日よりCTへ対応いたしました。(Certificate Transparencyに関するお知らせ
2016年6月1日の時点で ご利用のSSL証明書において Certificate Transparency(CT)が有効でない場合、Google Chromeにおいて警告の対象となる可能性があります。
この警告を回避するために、ジオトラスト社は 警告の対象となるSSL証明書の情報をホワイトリストに登録し、Google社へ提供しました。

*CTに関しての詳細は こちら


1. 警告の対象となる可能性があるSSL証明書サービス

2016年3月1日以前に新規/更新/乗換/再発行で発 行された以下SSL証明書サービス。
    • ジオトラスト トゥルービジネスID
    • ジオトラスト トゥルービジネスID ワイルドカード
    • ジオトラスト クイック SSL プレミアム
    • ラピッドSSL
    • ラピッドSSL ワイルドカード


2. 警告の対象となる可能性の条件

    • CTログが登録されていない。かつ
    • ホワイトリストへ登録されていない。(何かしらの理由による)


3. 警 告が表示された場合の対処方法

  • 対象のSSL証明書を再発行(無償)することにより、CT対応のSSL証明書とすることができます。

 再発行のお申し込みはこちら


4. 既 存のSSL証明書のCT対応状況の確認

  • 以下にて サーバに設定されたSSLサーバ証明書の内容を確認することができます。(「Certificate Transparency」の項目を確認し、”Embedded in certificate”となっていれば CT対応しています)
 SSLサーバ証明書インストールチェッカー


5. FAQ

・CTを有効にしない場合、どうなりま すか?

2016年6月1日以降に発行されるSSL証明書にて CTログを有効にしない場合、Google Chromeでは、セキュリティや信頼性の警告が表示される可能性があります。

・既存のSSL証明書にて、CTログを 有効にすることはできますか? 

SSL証明書の再発行手続きを行うことにより、CTログ を有効にすることができます。

・ホワイトリストへ 個別に登録するこ とはできますか?

ジオトラスト社により自動にてホワイトリストへ登録して います。個別に登録することはできません。また、ホワイトリストへ登録された情報は非公開です。

・CTについて詳細を知ることはできま すか?

こちらに て詳細を確認することができます。

 

GeoTrustとは

SSL証明書、暗号化技術と第 三者認証サービスにおける、全世界シェア第二位のリーディングブランドです。

 

 

 



Copyright (C) Capecod.Co.,Ltd. All Rights Reserved.